お知らせ
お知らせ
作成日:2014/09/24
2014-09-24 毎月5所限定!助成金活用型 業績向上組織・人事支援プラン



今がチャンスです。スタッフ数10名以下の歯科クリニック様限定

『助成金活用型 歯科クリニックの業績を向上させる組織づくりコンサルティングのご提案』


H.27.9.24:皆FC・山田社労士事務所
(当サイトの記事を無断でHP,ブログ、SNS等に天災することを固く禁じます)

 

こんなお悩みはありませんか? このようなお悩みを2年プランで改善します。

□院長先生と勤務医以下のスタッフの仕事に対する姿勢について意識の差を感じる

□歯科衛生士の定着率が悪い(採用してもすぐに辞める)、採用コストが高い、慢性的な人材不足

□勤務医の意識が低い

□歯科衛生士の仕事が@歯科予防処置、A歯科診療の補助、B歯科保健指導の3業務以外のもののウェイトが多くなってしまっている

□業績とスタッフの処遇が結びつかない

□スタッフが何を考えているのか分からない

□処遇改善や権利の主張ばかりをおこなう問題スタッフがいる

 

『歯科クリニックの業績向上』を実現するためには、スタッフ1人1人が、歯科クリニックのビジョン(中長期の目標、ある時点までにどうなっていたいか?)

をスタッフと共有し、その達成に向けて1日、1日、何をすべきかを全員で考え行動に移す事が必要です。

具体的な、ビジョン作りができていない歯科クリニック様については、その策定支援からスタートします。

その策定過程(主にスタッフ全員参加型のワークショップ)を通じて、「チームビルディング」の必要性が必然的に身につきます。

 

歯科クリニック経営には、各職種のスタッフが共同して成果をあげる「チームマネジメント」が必要不可欠です。

院長先生だけでなく、スタッフ全員をまきこんだ形でプロジェクトを実行しないと実効性の無いものとなってしまいます。

当事務所では、そのお手伝いを「2年」という期間をかけて継続的かつ体系的におこないます。


【より具体的には】

□クリニック中長期的な発展のために院長先生はもとより、スタッフ全員が何をすべきかを明確にし、
個々人が主体的に行動をする仕組みを作ります。

□歯科衛生士の不足を解消して、採用コスト減を図りつつ、定着率の向上を目指します

□業務体制の見直しを行い最適な業務分担とシフト管理を整備します

□人材不足を解消するために短時間の歯科衛生士の活用が可能な仕組みを作ります

□院長先生、院長夫人、その他のコ・デンタルスタッフに対して財務研修を実施し、利益-コストの意識と理解を高めます。

 

【当事務所の支援メニューと一般的な社労士事務所の支援メニュー違い】

@は当事務所 Aは一般的な社労士の顧問・コンサルメニューです。

コンサルの目標の違い:@業績向上                  A社保・労保のアウトソーシングを通じた業務効率化&労務リスクの回避
フォーカス・ポイント:@経営ビジョンの実現を通じた業績向上     A問題社員対応と就業規則を通じた改善+人事制度導入、残業代抑制
解決アプローチ   :@コンサル&スタッフ参加型のワークシップ主催 Aコンサル
着目する経営資源  :@人・金                   A人
報酬        :@月額顧問料(助成金の活用による実質軽減)  A月額顧問料

 

【ドキュメント・ベースでの成果物】

□ビジョン・ミッション・クレドシート

□会社経営・簿記の知識0で分かる 財務研修テキスト(当事務所オリジナル)

□人材採用コストを削減(採用改善・定着率改善)

□評価、クレド(行動指針・行動目標)の構築ワークを通じて

□財務の改善効果の検証

□就業規則、人事評価規定等の規定類

 

【コンサルティング報酬】

報酬は、月々10万円(別途消費税)尚、助成金活用型支援により実質負担は、1年目に限り、50%の月々5.0万円(年額60万円)です。
※条件次第では、更に実質負担が下がるケースがございます。

■2年目は月々10万円(年額120万円)の報酬となります。

■1年目の効果を評価して頂き、2年目以降もご契約を継続して頂けるか、否かご判断ください。

(※助成金の書類作成、提出代行まで一連の支援を報酬内でおこないます)

 

【標準的な支援の流れ (1年目) 実際には貴歯科クリニックごとに異なります】

@貴歯科クリニック訪問により、院長先生からの現状のヒアリング

A無料コンサルティングにより改善方針のご提案、御見積り、契約書のご提示

Bご契約

C支援スタート(ここから2年間の支援のスタートです) 

D院長先生への研修、理念・ビジョン、事業計画等の確認・・・(2〜3ヶ月)

Eスタッフの意識調査・院長へのシェア・・・(1ヶ月)

F改善提案スケジュールと数値目標の設定・・・(1ヶ月)

G全スタッフによるキック・オフ・ミーティング・・・・(1ヶ月)

F各種研修の後、ワークを通じて「重要成功要因」の抽出・・・(2ヶ月)

Gクレド(行動指針)や人材育成方針等の策定・・・・(2ヶ月)

H規定化、院長研修・・・(1.5ヶ月)

I制度・周知・・・(0.5ヶ月)

J実行+途中経過の報告と進捗管理(毎月)

Kコンサル結果の評価(業績・個人の評価)


【定期訪問による支援・メール、電話相談】

標準的には、2年間の期間をかけて、月1回の訪問&ワークショップ型の研修を実施します。
その他、メール、電話による相談は無制限です。

 

今、すぐにご相談ください。初回相談料は訪問を含めて無料です!

http://www.roumusi.biz/article/14143424.html

 

 

【歯科クリニックの経営事情】

デンタルクリニックは歯科医をトップとした医療チームによる組織です。

大きく分けて、歯科医(開業医・勤務医)と『コ・デンタルスタッフ(パラ・デンタルスタッフ)』と呼ばれる、

歯科衛生士(国家有資格者)と歯科助手、事務等の構成による5名程度の組織が最も多いといわれています。

歯科クリニックの数は、全国6.8万所と言われ、都内には実に1万所を超えるクリニックがあると言われています。

開業に伴う設備投資資金も5,000万円〜1億円超と高額に上ることから、計画的な中長期計画が求められます。

つまり歯科クリニックの運営については、返済計画を含めた計画的な資金計画と労務管理の高い連動性が求めれます。

売上構造は、保険診療と保険外診療に分れており、近年は保険外診療や予防ケアを重視した、

サービスに力を入れている歯科クリニックが増えています。

 

【FFC×山田社労士事務所リサーチ 歯科クリニック経営 なび】厚生労働省 平成24年 医療動態施設調査より

■診療所数 68,453(うち都内10,603)

■平均従業員数 5人未満のクリニックが大多数

※従ってほとんどの事業場で就業規則が無いといわれています。

服務規律が確立していないため、モラル低下等の問題も生じています。

■歯科衛生士の数は慢性的に不足

■歯科衛生士は、20代が3割を閉めており、若い女性が活躍しています。

■多くの事業場で、1人or2人の歯科衛生士を雇用し、とあとは歯科助手という体制が多い


今、すぐにご相談ください。初回相談料は訪問を含めて無料です!

http://www.roumusi.biz/article/14143424.html

お問合せ
社会保険労務士法人
  エクシア&パートナーズ
 〒171-0022
  東京都豊島区
      南池袋2-26-5
  アイ・アンド・イー
      池袋ビル3階

  TEL:03-5911-1279
  FAX:03-5911-1032